イメージ 史跡・名所

絢爛とした歴史に彩られた「上杉の城下町」として知られる米沢には、上杉家ゆかりの史跡が今も数多く息づいています。

上杉神社

 

イメージ 上杉神社


戦国の名将上杉謙信を祀る。大正8年(1919)の米沢大火で 焼失しましたが、同12年(1923)に再建されました。設計者は、本市出身で明治神宮、出雲大社、靖国神社などの他、数多くの建築物を設計監督したことで知られている伊東忠太博士です。
神社は、12世紀に長井氏によって築城されて以来、長井、伊達、 蒲生、上杉諸氏の居城であった米沢城跡で現在の松が岬公園の中央にあります。近くには大正12年に宝物殿として創設された稽照殿(けいしょうでん)の他、米沢市上杉博物館や福徳稲荷神社、春日神社、上杉記念館(旧上杉伯爵邸)などがあります。

上杉家廟所

 

イメージ 上杉家御廟


上杉家歴代藩主の廟所で、初代藩主の上杉景勝が逝去した際に廟所とされて以来、12代斉定までがこの地に埋葬されています。また、謙信の御遺骸は、上杉氏の移封に伴い、会津若松城から米沢城に移されましたが、明治新政府の「破城令」によって、米沢城が解体されたため、明治9年に城跡から当廟中央に移葬されました。
境内には老杉が多く、戦時中かなりの数が供出されましたが、今な お樹齢400年を超える老杉があり、静寂を極めており、昭和59年には国の史跡に指定されました。

上杉記念館

 

イメージ 上杉記念館


明治29年、上杉氏14代茂憲伯爵邸として建てられ鶴鳴館と称された。昭和24年に市が上杉家より譲り受け、昭和54年から米沢市上杉記念館となり、平成9年には国の登録有形文化財に指定されています。館内では、郷土料理が味わえます。また、5月中旬には庭の白つつじが見事に咲きそろい、見頃を迎えます。

松が岬公園

イメージ 松が岬公園

長井氏以来、伊達、蒲生、直江、上杉諸氏の居城であった米沢城跡。明治6年に城が取り壊され翌年公園として市民に開放された。四周を濠に囲まれ、桜の名所となっている。
園内には、上杉神社や稽照殿がある他、近隣には景勝と鷹山を合祀する松が岬神社や伝国の杜(米沢市上杉博物館と置賜文化ホールの合築施設)などがあり、各種お祭りやイベントが開催されるお祭り広場などがある。

 

イメージ 稽照殿

稽照殿

大正12年に宝物殿として創設。上杉謙信の遺品や直江兼続の愛のかぶとなど、文化財約1,000点を収蔵展示。

春日山林泉寺

上杉家先祖の菩提寺を越後高田から移し、歴代藩主の奥方、子女及 び重臣の廟所になっています。文武兼備の名将直江兼続、武田信玄の子息で上杉景勝の正室菊姫の弟、武田大膳太夫信清などの墓があります。

笹野観音  

 

イメージ 笹野観音


本尊は、千手観音。大同元年(806)に弘法大師の高弟、徳一上 人の開基と伝えられる古刹であり、伊達、上杉両氏の信仰が篤かったとされています。鷹山が改築した御堂は、天保4年(1833)火災にかかり、現在の御堂は、天保14年(1843)に再建されたものです。また、境内いっぱいに咲き誇る紫陽花は見事で、別名「あじさい寺」とも呼ばれています。

旧米沢高等工業学校本館

 

イメージ 旧米沢高等工業学校本館

明治43年(1910年)山形大学工学部の前身である米沢高等工業学校本館として竣工。ルネッサンス様式の美しい木造建築で昭和48年、国の重要文化財に指定。

 

 

米沢市上杉博物館

米沢藩の歴史や文化が中心テーマの博物館。国宝「上杉本洛中洛外図屏風」を体感するバーチャルウォークや大画面で上杉鷹山の事績を紹介する「鷹山シアター」などがある。ホバークラフトで移動する能舞台がある置賜文化ホールが併設されており、愛称は「伝国の杜」。

                      国宝 上杉本洛中洛外図屏風 
                        米沢市上杉博物館 所蔵 
                         (平成7年国宝指定) 

 

 

宮坂考古館

 旧米沢藩領を中心とする郷土の文化財700余点を所蔵。上杉の雷筒と恐れられた三十匁火縄銃は、稲富流砲術隊によってその流儀が継承されている。

米沢織物歴史資料館

イメージ 米沢織

 旧藩以来、200余年の伝統を誇る米沢織。館内には、米沢織物の歴史を学習するに充分な資料が展示・保存されている。