市長の部屋へようこそ!

~令和二年の年頭にあたり~

 

米沢市長

 昨年11月の市長選挙において、再び市政を担うこととなりました。これからも皆様のご協力とご支援をよろしくお願い申し上げます。
 昨年は、元号が平成から令和に変わり、本市においても市制施行130周年、鷹山公入部250年の節目の年でありました。記念事業として、明治・大正期に産業界や政界で活躍された故郷の偉人「平田東助」の銅像移設、「ようざん桜の杜」への「宇宙神代桜」の植樹など、次世代へ受け継いでいく事業を行いました。建設中の新市庁舎は、防災・減災機能を充実させ、市民が安全に暮らせる拠点施設として整備し、次世代へつないでまいります。新市立病院の建替では、山形大学医学部の協力の下、医師の確保を含め、民間病院との連携・機能分担型という新しい方式による医療拠点として、令和5年度の開院に向け取り組んでまいります。                  
 本市においても急速な人口減少・少子高齢化対策が急務となっている今、市民一人ひとりが知恵を出し合い、「明るく元気に暮らすことができる」まちづくりを進めていかなければなりません。少子化対策では、子育て支援の充実と、企業誘致などでの雇用創出により、多くの若者が地元で就労し、安心して子育てができる環境を整備します。「健康長寿」の取り組みでは、地域や関係団体と連携し、皆様が健康で長生きできる地域社会の実現を目指します。また、「道の駅米沢」の大勢の来訪者が市内や置賜各地に足を運ぶ広域観光など、交流人口の拡大に向け、地域資源一つ一つを磨き上げる「米沢ブランド戦略」を加速させます。「置賜定住自立圏構想」では、リーダーシップを発揮し、地域の活性化と福祉の向上に努めてまいります。今年は、「東京2020オリンピック・パラリンピック」が開催されます。香港のホストタウンとして、大会終了後もスポーツ交流や経済交流を継続していきたいものです。
 今後も❝一人ひとりが元気で明るく暮らせるまち・米沢❞の実現に向けて邁進してまいりますので、引き続き皆様のご協力をお願い申し上げます。
 
 (令和2年1月)
                     米沢市長 中川 勝

プロフィール

 【生年月日】

  昭和25年7月7日生

 【略 歴】

  山形県立米沢商業高等学校卒

  昭和58年  4月 米沢市議会議員初当選 連続5期20年を務める

  平成  9年  5月 米沢市議会議長

  平成15年  4月 県議会議員初当選 連続3期12年を務める

  平成27年12月 第36代米沢市長に就任  
  令和元年12月  第37代米沢市長に就任

コンテンツ

このページの作成・発信部署

企画調整部秘書広報課

(秘書係、広報広聴係)

〒992-8501 山形県米沢市金池五丁目2番25号
電話:0238-22-5111 FAX:0238-22-0498
メールアドレス:hisyo-ka@city.yonezawa.yamagata.jp